花粉症は基本中の基本さえ守れば大丈夫!

花粉症の症状が出るのが早い人では2月ごろから苦しむことになる花粉症ですが、みなさん毎年どのような対策をしているでしょうか。
わたしも血液検査で重度の花粉症と診断されたひとりですが、基本的なケアをすることで症状を軽く抑えられています。
その基本的なこととは、「身体の中に、部屋の中に持ち込まない」ということです。
身体の中に取り込まないためには、第一にマスクが必須になります。この時期は外見なんて気にせず全身覆いたい気分ですが、マスクだけでもずいぶん違います。女性の場合は、小顔効果がありますからぜひ嫌がらず使ってくださいね。帰宅後は必ず手洗い、うがい、目洗いをします。できたらそのままシャワーやお風呂に入ってしまいます。鼻のまわりに塗る対策用品なども販売されているようですが、わたしは使用してもあまり違いがわかりませんでした。
次に大事なのは、家の中に持ち込まないことです。花粉の症状がつらいのは夜寝るときという方も多いと思います。いくら外出時に気を付けても、衣類や髪の毛についた花粉を家の中に持ち込んでは家の中で吸い込んでしまうため症状が出てしまいます。玄関に入る前にはらうだけでずいぶん違いますし、コート掛けを玄関に設置すれば家に入った後にも花粉が広がることはありません。
以上、コストをかけずにできる対策として、基本の基本ですがわたしが実践して違いがあることを感じた方法をご紹介しました。

このページの先頭へ戻る